面接はプレゼン

おはようございます。村上です。

「面接って、自分をプレゼンすること。」

今日、ある社員が言ってて、確かに、って思いました。


ウィル手帳のあるページには、

「プレゼンテーションとは
『相手の心を読み、
相手に好印象を与えながら
自分の主張や提案を理解させる行為』」


とあります。


他人に自分の意見を”理解させる”には、
少なくとも好印象を与え、
相手に受け入れてもらえる工夫を
することが必要なんですよね。


面接に置き換えると、

「面接とは、
『面接官の心を読み、
面接官に好印象を与えながら、
自分の長所や強みを理解させる行為』」


ってことです。


この、”相手(面接官)の心を読む”というのが難しい。


例えばこんな感じに・・・

「話すスピード、遅すぎたかな?もう少しテンポよく話そう」

「この話はあまり関心がわかないみたいだ、次の話へいこう」

「分かりにくかったみたいだ、もう少し掘り下げて話そう」



相手が何を求めているのか、敏感察知して、
その場のアウトプットをコントロールしていくことで、
あなた自身をうまく”プレゼン”することができると思います。


ん?そんなの難しい??


だからこそ練習が必要なんですよね。


あなたをうまくプレゼンできるよう、
今日も頑張っていきましょう!

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。

mynavi.gif
↑ウィルへのエントリーはこちらから★

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ