スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話のキャッチボール

おはようございます。馬場です。

先日、立会いをした面接でのこと。

「あっ、すみません!
今、私、質問の意図からズレてますね」


と、お話の途中で、返答のズレに自ら気付き、
軌道修正をされた方がいらっしゃいました。

面接官一同、心の中でホッと安心

こんな方は、「会話のキャッチボール」ができる方だと感じます。

もちろん、質問に対して最初から的確に返答できればベストですが、
会話では時に返答が相手の聞きたいことから逸れてしまうこともあります。

それに自ら気付けるかどうかが大切。

質問の意図から逸れたとき、相手からは、
表情や仕草などを通し、何らかのサインが出ます。
そのサインを敏感に感じ取り、修正できればセーフ

「学生時代に頑張ったこと」や「志望動機」など、
面接でよく聞かれ、その意図が明確な質問は答えやすいですが、
ふいにちょっと変わった質問をされたときは要注意
直球だけでなく、変化球にも対応できるようにしておきましょう

また、「喋ること」に夢中になると、相手からのサインを見逃しがち。
「伝えること」を意識して、面接に臨みましょう。


ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。

mynavi.gif
↑ウィルへのエントリーはこちらから★

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。