スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックナンバー3

突然ですが、下の文字を「3秒」で暗記してみてください。

「CIAANAJAL」





いかがでしたか?
混乱された方、多いのでは?

でも、こうすると、「3秒」でも暗記できます。

「CIA」「ANA」「JAL」

一度に大量の情報が脳に入ると、混乱してしまうことがありますが、
3つまでなら、短期記憶にインプットされ、なんとか処理できるようです。


おはようございます。馬場です。

本日は、あるコミュニケーションスキルをご紹介します。
年が明けると間もなく始まる「面接」にも役立つスキルです。

冒頭でご紹介したように、「3」という数字には、
特別な力があり、「マジックナンバー」とも呼ばれています。
three2.jpg

考えると、世の中には「3」が溢れています。
「国の三権分立」「色や光の三原色」「キリスト教の三位一体」「三大祭り」
「日本三景」「徳川御三家」「相撲の心・技・体」「スポーツの走・攻・守」
など。

日本のことわざでも・・・
「仏の顔も三度まで」「三日坊主」「三日天下」
「三度目の正直」「石の上にも三年」「三人寄れば文殊の知恵」
など。

ビジネスにおいても・・・
「3C(customer、competitor、company)」、
「PDS(Plan、Do、See)」「QCD(Quality、Cost、Delivery)」
など。


心理学上でも、「3」は、「人が短時間で記憶でき、且つ情報量として、
多過ぎず、少な過ぎず、バランスのとれた数である」
と言われています。

そこで、この魔法を面接で使うわけです。

たとえば、「あなたの強みは何ですか?」という質問に対し、
こんな答え方だと、どうでしょう?

「私の強みは、まずAです。それは、・・・。
また、Bという強みもあります。それは、・・・。
あと、Cという強みもあります。それは、・・・」


ちょっともどかしいですね
ただ、やってしまっている方が結構いるんです。

ここで、「マジックナンバー3」を使ってみます。

「私の強みは、3つあります。
Aと、Bと、Cです。
1つ目のAについては、・・・。
2つ目のBについては、・・・。
3つ目のCについては、・・・。
最後にまとめると、
私の強みは、Aと、Bと、Cです」


印象がグッと変わりますね。

後者の場合、この短い話の中で、
「強み」を3回繰り返すことになるため、
聞き手の印象に強く残ります。

また、聞き手が安心して聞けるだけではなく、
話し手自身も整理しながら話すことができるんですね。

これを使わない手はありません。
面接だけでなく、ゼミの発表やアルバイトでの仕事のやりとりなどでも使えますね。
ぜひ一度、お試しあれ。

人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。
本日も、クリックよろしくお願いします。

mynavi.gif
↑当社へのエントリーはこちらから

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。