感動が生まれるところには。

おはようございます。別所です。
先日、サークルの定期演奏会に行ってきました。

久しぶりに学生時代の友達や先輩、そして頑張る後輩と会い、刺激を受けました。
演奏会の中で一番印象的だったのはラストの曲。

毎年、プログラム曲のあと、アンコールで2曲歌います。
その最後の曲中では、部長が観客に向かいメッセージを言うのが恒例。
今年も部長がステージの前の方に進み、
これまでの感謝の気持ちと、これからのサークルについての想いを叫びました。

気持ちが高まった状態で叫ぶので、一言一句はっきり聞こえたわけではありません。
しかし、私の周りには、眼頭をおさえるお客様がいらっしゃり、
温かく後輩を見つめるサークルのOB・OGがいました。
私自身も感動で、涙を抑えられませんでした。
もちろん、部員たちも、涙をこらえながら歌う者、
感極まって歌えなくなる者・・・と、各々が、その感動の中にいました。

この瞬間があるのは、
「定期演奏会」「コンクール」を目標に頑張ってきた本気・感動・仲間があるから。
本気でやるから感動生まれる。
感動が生まれるところには、それを分かち合える仲間がいる。


ウィルを甲子園を目指す野球部と例えることがあります。
本気で目標に向かって仲間とともに努力する。
そして涙を流すほどの悔しさ・嬉しさ・感動を共有できる。
そんな環境があるということ。
一方、草野球チームのように、甲子園を目指すほど必死で辛さを乗り越えて・・・
というのではなく、野球を愛しみんなで楽しむような感じの会社もあります。

学生時代、それぞれに貴重な経験をされた皆さん。
自分は甲子園派の会社で頑張りたいのか?
草野球派の会社で頑張りたいのか?
自分はどんな会社で頑張りたいのか、よく見極めてくださいね!


人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。
本日も、クリックよろしくお願いします。

mynavi.gif
↑当社へのエントリーはこちらから

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ