スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補助犬シンポジウム

おはようございます、別所です。
11月29日(日)、宝塚市東公民館にて、
「第18回障害者週間記念事業 
第11回身体障害者補助犬シンポジウム」が行われました。
毎日新聞にも掲載されています。→HP

当社が補助犬を応援するきっかけとなった木村佳友さんと、介助犬エルモも登場。
シンポジウム 002

シンポジウムでは、
補助犬のデモンストレーション(鍵を拾ったり、靴下を脱ぐ手伝いをしたり)や、
木村さんらパネリスト4人が身体障害者補助犬法の成立過程を振り返り、
今後の課題などを議論。
その他にも、障害を持つ人が意見を発表するショートスピーチやコンサートも行われました。
同時にバザーも開催され、大賑いでしたよ!

当社も、大会アピール文の執筆・読上げで参加させていただきました。
シンポジウム 003

補助犬支援の活動は、当社HPもご覧下さい。


私はコンサートと、アピール文の読み上げを聞いてきました。
その中で、声楽家の浜渦章盛さんの印象的なお話があったので、ご紹介します。
シンポジウム 001


                            

我が家に、シンシアの訪問があるので、フラットで、広い通り道を用意した。
これは、木村さんやシンシアが通りやすいようにと思ってしたこと。

しかし、木村さんの奥さまから掛けられた言葉は、
「シンシアには冷たすぎます。」
木村さんが用事している間、シンシアは床にお腹をつけて待つ。
シンシアをお客さまとして迎えていなかったことに気づいた。

「知らないことがあって当然。でも、そこからどう動くか。」


それからは、いつ補助犬の訪問があってもいいように常に毛布を準備している。

                            


就職活動中のみなさん。
これはどんなことにも言えると思います。
「わからないことがあってもいい。でも、そこからどう動くか。」
事実を知った、方法を知った。
では、次どうする?
気付いたことは、ひとつずつ実践していきましょう!



ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。

エントリー、お待ちしています。
mynavi.gif

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。