社会人からの大学入学~何もしなければ、何も変わらない~

10月12日は第21回出雲全日本大学選抜駅伝開催!!
出雲出身の私にとっては、毎年恒例の一大イベント
スピード駅伝とも呼ばれるこの大会から、大学三大駅伝がスタートします。

おはようございます!
すっかり忘れていた駅伝開催を思い出し、少々興奮気味の別所です


大学駅伝と言えば正月・・・
と思われるかもしませんが、10月からスタートしているんです。
就職活動の本格スタートとほぼ同じ時期ですね。
10月出雲駅伝から始まり、11月全日本大学駅伝、1月箱根駅伝と続きます。


今日はその箱根駅伝の話
箱根駅伝

今から10年前、
山梨学院大学の選手が4区で涙の途中棄権したことを覚えている人はいますか?
その選手は社会人を経て山梨学院大学に入学し、
駅伝出場の夢を叶えたのです。

高校卒業後、まずは新日鉄化学に入社。
その陸上部にて、4年間頑張ったものの、伸び悩み退社。
実家で農業を継ごうかと迷っている中、
山梨学院大学の上田監督から声をかけられ22歳の時に大学へ入学。 
それは駅伝への憧れがあったから。


その後4年間の箱根駅伝では次のような結果を残しました。
↓↓
1994年(1年生)3区区間賞
1995年(2年生)2区区間賞
1996年(3年生)4区まさかのリタイア
1997年(4年生)2区区間賞

リタイアした時は、
監督が止めても、なかなか走るのを止めずに足をひきずりながら10キロ以上走ったと言います。
それは三連覇という夢がかかっていたから。


「何もしなければ、何も起こらない。」

この人にとっては、
大学入学の一歩が駅伝出場の夢を叶えました。
そして、区間賞や連覇という結果を残し、
執念の走りが、多くの観客の心を打ちました

学生の皆さんにとっては、
就職活動が、将来のなりたい姿に近づく第一歩
「何もしなければ、何も起こらない。」


就職活動のきっかけは「大学3年生の秋だから」「周りが始めたから」でもいいと思います。
しかし、ここからは自分次第。
「何もしなければ、何も起こらない。」
大学卒業後の姿をイメージして、就職活動頑張りましょう!


ブログランキングに参加してます!
浴衣バナー_別所
↑いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ