サウイフモノニワタシハナリタイ

志信館_根
↑この夏、しっかり基礎力の”根”を張ってもらいたいという願いを込め、
塾の一角に置いている観葉植物の挿し木

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル


言わずと知れた、
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の冒頭部分。

実はこの「雨ニモマケズ」には
モデルがいるとされています。
その人の名前は斉藤宗次郎
※興味のある方はコチラ。">※詳細はコチラ。

斉藤宗次郎と関わりを持っていた宮沢賢治は
こういう人になりたいという願いをこめ
この「雨ニモマケズ」を書いたとされています。

今、私の仕事の大部分を占めているのは、
阪大神大合格専門塾 志信館の運営。

夏休みに入り、
朝から晩まで受験勉強に勤しむ生徒たち。
時には、「モチベーションがあがらない」
「眠くて仕方がない」
「集中できない」
と、緊張の糸が切れることもあります。

そんな時、
「なぜ、その大学に行きたいんだっけ?」
と、問うことがあります。
更に掘り下げると、
どういう人になりたいの?
どういう生き方をしたいの?
ということ。

昨夏から担当し1年。
受験勉強は、やっぱり過酷です。
そして、生徒たちは相当、鍛えられます。
学力はもちろん、精神力も人間性も。
これを完遂する生徒たちを尊敬します。

ただやみくもに、がむしゃらに、
やり続ける時も必要だし、
それが本番まで続けばそれに越したことはない。
しかし、折れそうになり、
逃げそうになり、
泣き出したくなることがある。
そんな時、
還ることができる原点があるといい。

8日間の夏合宿で、
生徒たちとじっくり向き合い、原点を確認したい。
生徒たちの、理想像はもちろん、
私自身のそれも見つめ直したい。

サウイフモノニワタシハナリタイ
を、確認したい。

↓「雨ニモマケズ」続き

一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニワタシハナリタイ

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ