自分が何を言いたいかではなく、どう思われたいか?

おはようございます。
今日は、朝から梅田で学生さんと会います。
ということで、満員電車が憂鬱・・・

さて、今日は、面接のこと。
いいかどうかは別にして、
「自分が何を言いたいかではなく、
どう思われたいか?
自分が何を伝えたいかではなく、
自分の持っている要素の中から
特に認識してもらいたいことを正確に伝える」

ちょっと高等テクが必要かも。

自分の人生において何が大事なんだろう?
自分がどうなれば幸せなんだろう?
それをちゃんとイメージできると、
仕事(会社)の必要要件が見えてきて、
その上で、前記水色部分のことができれば、
まず、いい結果が出ることと思います。

これは、1年前に紹介した本(ぼくらの就活戦記-文春新書)の中で、
某人気企業に受かった学生さんの体験記から抜粋しています。


さて、満員電車に挑みます(><)
良い一日を!!

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

これはなかなか難しいですね。
本質をきちんと捉えないといけないですね。自分が求めているもの、相手が求めているものを理解していることが大前提で成り立つと思います。就職活動だけでなく、仕事をする上でとても大切なことですね。
テクニックを身につける前に大切なことを見失わないように。
久しぶりに考えさせられました。ありがとうございます。
ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ