優秀な学生を見つける1分

こんにちは。ウィルの別所です。

先日、アメリカのある採用手法についての記事を読みました。

ある研究発表の場にて。
学生たちが自分の研究を大きな紙(ポスター)に描き、
講演会場外のホールで紹介する。

講演会の一部で、
自分の研究のイントロを数百名の聴衆の前で、
1分間だけ発表する。

その1分で、優秀な学生を判断する。
その1分間で、採りたい学生の見当をつける。
そこから・・・・というような内容でした。

たった「1分間」でも、
判断できるだけの材料になることがあります。

就活の場に限らず、社会人としても、
自分が発信しているすべてのことに、
改めて意識を高め、過ごしたいと思います。


今日も、頑張りましょう!





人気ブログランキングへ

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
フリーエリア
プロフィール

岡田洋子

岡田洋子
入社25年目。販促、採用、塾運営を経てPR専任となりました。宜しくお願いします。写真は、今年の福男さんと。福を運べる記事を書けたらいいなと思っています。

リンク
ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ