いかに進路を選ぶか



『職業に上下なんてない。
すべての人に、自分に合った職業がある。
他人から見てどうこうではなく、
ただ、自分自身が誇りを持てる仕事を。
必要なのは勇気ではなく、覚悟。
決めてしまえば、すべては動き始める。』

本当にその通りだなと感じました。
なりたい自分像になるには、
やはり私はウィルさんだと実感しました。





おはようございます。馬場です。

先日、最終面接を控えた学生さんより、メールが届きました。

企業を選ぶにあたり、いろいろ迷いや葛藤があったようですが、
本の中で出会った言葉によって、迷いが吹っ切れたようです。


就活も佳境になると、それまでの「いかに選考に通るか」という悩みが、
「いかに進路を選ぶか」にシフトされてきます。

活動中はポイントが明確だったのに、
いざ決断のときになると、突然、ブレ始める方がいらっしゃいます。

ある意味、無理もないことで、
いざ決めるとなると、周囲からの声やアドバイスもあるでしょうし、
自分としても、将来の生活のこと、結婚後のこと、老後のこと、
様々なことが頭を過ぎるでしょう。

でも、ここで最も大切にしていただきたいのが、
「自分自身が、将来、どうなりたいか、どうありたいか」です。

今一度、「理想の自分像」や、
「理想の状態」を想像してみましょう。

その理想が実現できるフィールドが、
きっとあなたにとっての最良の選択肢です。

人生の岐路に立つ皆さんにとって、
今は、迷って、悩んで、当然のとき。

就活終盤の方は、あともう一息。
私たちも、採用活動の終盤を迎えています。
共に、頑張りましょう。



★ブログランキングに参加しています!
いつもありがとうございます。


人気ブログランキングへ

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ