緊張のせいにしていませんか?


現在、当社の会社説明会に参加された方の選考が随時、進んでいます。

特に選考初期、面接後に出てくる感想で断然多いのが、
「緊張して言いたいことを伝えられませんでした」
ということ。

確かに、思わずこっちまで
肩に力が入ってしまうくらい緊張されている方や、
言いたいことが飛んでしまったんだろうな、という方もちらほら。

もちろん面接である限り、誰でも緊張はするので、
「緊張するな」とは言いません。

でも、面接がうまくいかない原因を
全て「緊張」のせいにしていませんか?


大事なのは、緊張する中でも自分の言いたいことが言えるようになること。
そして、そのための準備をすること。

多くの場合、緊張の源になるのは、
「うまくいくだろうか・・・」という不安です。
アウトプットすることに慣れて、不安の種を潰していきましょう。

たとえば・・・
●紙に書き出して、自分の考えをまとめる
●ビデオや携帯のムービーに撮ってみて、
 人からどう見えているのかを知る
●キャリアセンターや友人に模擬面接をしてもらう
●質問をある程度予測して、答えを用意しておく


方法はたくさんあります。

何度も繰り返し行い、「よし!」と自信がつくと
きっと本番でも落ち着いて自分を伝えられることができるはず。


★エントリーはこちらから。



★ブログランキングに参加しています。


テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ