スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業が知りたいこと

おはようございます。馬場です。

本日は、先日の記事の続きを。

「大きな経験をしてないので、
何をPRしたら良いのか」


「他の学生さんの
すごい経験を聞くと圧倒される」

という声を、時々、学生さんから聞きます。


でも、すごい経験をしていないからと言って、
決して不利にはなりません。

「じゃあ、企業は一体、何を見ているの?
何を話せばいいの?」ということですが、
昨年のトップセミナーの当社役員の講演の中に、
そのヒントがありました。



企業が知りたいのは、結果や出来事の「大小」ではなく、
経験から見える、その人の「行動原理」です。


「行動原理」に沿って動いたことによる成功であれば、
将来も仕事で再現できる可能性は高いと言えます。

でも、その人の「行動原理」が見えないと、単なる偶然か、
他力による成功では?と思ってしまうことがあります。


たとえば、「全国大会に出場した」という結果だけでは、
その要因が、本人の実力なのか、チームの実力なのか、
はたまた運が良かっただけなのか、判断ができません。

どんなに小さな結果であっても、
その結果を得るために、
「どんな思いで、どう取り組んだのか」
「どのくらい頑張ったのか」
「なぜそこまで頑張ったのか」

ということがわかると、その人の性格や人柄、価値観、志向から、
入社後に企業で働くイメージまで、様々なことが見えてきます。

お話のエピソード、切り口は、何でもいいのです。

部活、サークル、アルバイト、ゼミ、勉強など、
自分が頑張ったと言えることを、掘り下げて、考えてみましょう。




ヒントになりましたか?

いよいよ本日から面接が始まります。
お話をお聞きできることを楽しみにしています。


★エントリーはこちらから。



★ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。