声に出してみる

おはようございます、別所です。

先日、先輩がこんな本を渡してくれました
直木賞受賞作家、道尾 秀介さんの作品だそうです。
(また、読ませていただきます!!)

骸の爪 (幻冬舎文庫)骸の爪 (幻冬舎文庫)
(2009/09)
道尾 秀介

商品詳細を見る




採用の繁忙期ながら、
私も最近コチラの本を読みました
プロアナウンサーの「伝える技術」 (PHP新書)プロアナウンサーの「伝える技術」 (PHP新書)
(2011/02)
石川 顕

商品詳細を見る


「伝える」
これは就職活動中の皆さんにとっても、
採用する側の私たちにとっても、
鍛え続けなければいけない力ですよね。


ベテランアナウンサーの方の喋るペースは、
一分間にだいたい400文字だそうです。
原稿用紙約1枚分ですね。

グル―プ面接では、早口の学生さんが目立ちます。
まずは伝えたいことを原稿にまとめ、声に出して練習して見て下さい。
※時間も計ってみてください!
聞きやすい原稿量、スピード、声の大きさ・・・
たくさんの気づきがあると思いますよ!

rikunavi.gif
エントリーはリクナビよりお待ちしています!


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます!

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ウィルからのお知らせ
Facebookでもウィルのことがよくわかります↓
株式会社ウィル

Facebookページも宣伝
リンク
  • ★ウィルの塾
    shishinkan


  • ★ウィルのHP
    willhp


  • ★ウィルの採用HP


  • ★スタッフ紹介
    staff.jpg


  • ★ウィルスタジオ 


  • 管理者ページ